03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

想うこと

睡眠中の熱中症

7月に入り、猛暑日が続いています。
夜も暑くて睡眠に悩まされていませんか?

暑くて目が覚める、
暑くてなかなか寝付けない、といった
熱帯夜の睡眠の悩みをこの頃よく聞きます。

今回は、そんな悩みを解決すべく
「熱帯夜を乗り切るエアコンの上手な使い方」を
ご紹介しようと思います。


そもそも、熱中症はかなり身近な症状で、

気づいていないだけの初期症状があります。

熱帯夜の睡眠時や起床時に、
「倦怠感」「異常な発汗」「頭痛」など
なんらかの不調を感じたことはありませんか?

これらは熱中症の初期症状が疑われる症状です。
熱中症の危険性を疑うことなく、
対策をせずに過ごしているかが多いそうです。

睡眠時にエアコンを使っている人の中には、
「朝までつけっぱなし」
「タイマーを設定し、途中で切れるようにする」
という使い方が主流なようです。

夏の睡眠時は、エアコンをつけていないと
室内の温度や湿度が徐々に上昇するため、
「朝までつけっぱなし」にすることが
熱中症の危険性が少なく、リスクを抑えられます。

気温や湿度が高い日は特に、
「つけっぱなし」にすることで
快適な睡眠につながります。

また、快適な空間づくりのためには
「温度」だけでなく「湿度」も大切です。

湿度が20%変われば、体感温度が4℃変わる
と言われています。
除湿機能を使って調節しましょう。

翌日の熱中症を予防するためにも、
「質の良い睡眠」が非常に重要です。

熱帯夜を乗り切り、熱中症対策をして
夏を楽しみましょう!


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. ウォーカブル化

  2. ライフハック

  3. スポーツ観戦の夏