03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

訪問

心構え

面接で社会人としての心構えについて聞かれたら?
 
 
 
面接で、社会人の心構えについて聞かれることがあります。
何故そんなことを聞くのでしょうか?

  
 
それには目的があります。
面接で「社会人としての心構え」を聞いてくる主な目的を、
下記に挙げています。
 
 
 
「社会人としての自覚があるか知りたい」
応募者にこれから社会人になる自覚があるのか
確かめることが、質問の目的の1つです。
 
 
 
社会に出たら、いつまでも学生気分のままではいられません。
これまで経験しなかった理不尽や、重い責任を背負わなければ
ならないことも多々あるでしょう。
 
 
 
社会人としての心構えを聞くことは、
その覚悟ができているかをチェックする指標となります。
 
 
 
もう1つは、自社と価値観が合うか確認する意図もあります。
 
 
 
企業との価値観が合わないと、入社後にミスマッチを起こして
早期退職となる恐れもあります。そのような事態を防ぐために、
質問を通して自社と相性が良い人材かどうかを確かめています。
 
 
 
では、面接でどのようにして「社会人としての心構え」を答えるか?
下記の3つのポイントを踏まえ、社会人としての心構えを答えましょう。
 
 
 
1.仕事に関係することを答える
答える内容は、仕事に関係することを選びましょう。
 
 
 
たとえば、「責任感」「信頼」など、仕事への姿勢が
垣間見える回答がベターです。
 
  
 
「時間を守る」「約束を守る」といった当たり前のことや、
趣味などの仕事に関係ないことを答えるのは、
熱意を疑われる可能性があるため避けましょう。
 
 
 
2.具体的な理由を添える
ただ自分の考えを示すだけでなく、具体的な理由も添えましょう。
 
 
 
論理的な思考力をアピールできます。
大学生活やアルバイトなど、具体的なエピソードを取り入れると
説得力が増すでしょう。
 
 
 
3.どのように会社に貢献していきたいか伝える
 
 
 
社会人としての心構えを通し、
どのように企業に貢献していきたいか伝えましょう。
長々と言及せず、最後にさりげなく触れる程度に収めるのがベターです。
 
 
 
以上3点に気を付けて、
自分がどのように社会人になっていきたいかを
確認できるといいです。


動いた分、新しい自分になる!
就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. 自律神経を整えるカンタン ツボ押し❷

  2. プロフィールカード

  3. 自己分析って必要?❷