03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

話したいこと

ストレスが招く病気 ①

「病は気から」という言い伝えがありますが、
ストレスは様々な病気の原因となります。

緊張する場面でお腹が痛くなるなど
経験したことはありませんか?


受診しても原因がわからない身体の不調は、

ストレスなど心の不調が原因なことが多くあります。

実は、私はストレスが原因で
「低音障害型感音難聴」になりました。


文字通り、低い音が聞き取れなくなるのですが、

私の場合は日常生活に支障はありませんでした。

ですが、この障害から現れる主な症状として
「耳が詰まっている感じ」「酷いめまい」
が私は続きました。

飛行機に乗っているときや
高層ビルの上層階へ登ったときなどに生じる
耳の閉塞感が消えなかったり、

前に進めているのか、わからないくらい
目の前がぐるぐる・ふらふらするような状態でした。

受診すると、ストレスが原因と診断され、
すぐに休暇をとり短期間で治癒しました。

服薬も並行しながらですが、
睡眠をとるなど体を休めることで
症状が改善されていくのですね。

日頃から自分を労ることで
様々な病気を予防することはもちろんですが、

原因不明の不調が現れたときにも、
自分のストレスと向き合ってあげましょう。


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. 自律神経を整えるカンタン ツボ押し❷

  2. プロフィールカード

  3. 自己分析って必要?❷