03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

トレーニング

描いている自立生活

こんにちは!

あなたはひとり暮らしをしたら
どれような生活を実現したいと思っていますか?

自分がどんなライフスタイルを望んでいいるのか
理解することは社会復帰を目指す上でとても大切です。

「一人暮らししたいけど就職はどうすれば?」
と疑問がある人は最後までぜひご覧ください。

今回はお金と生活について体系立てて話すので、
今後何をするべきなのかよく理解できますよ。

なぜ自分の生活をイメージすることが
重要なのかといますと
自分が進むべき方向性がわかり
行動に迷いが無くなるからです。

「大好きなラーメン屋に毎週末行きたい」
「これくらいの広さの部屋に住みたい」
「旅行はワンシーズンに一回行きたい」

いろんな理想の生活が見えてきて
ワクワクすると想います。



具体的なステップを書くと、

1.実現したい生活を洗い出す
2.必要なお金を知る
3.求人を参考に自分が土俵に立っているのか確認する
4.(ギャップがあれば)必要なスキルを知る
5.行動あるのみ

1はいくつかのパターンに分けるのが良いです。
個人的には
かつかつ:最低限生活できるライン
ほどほど:贅沢はできないがそれなりに余暇も楽しめるライン
ゆったり:貯蓄もある程度した上で、贅沢もできるライン
の3つに分けると良いです。

2は必要最低限のお金。
いわゆるMLC(ミニマルライフコスト)
と呼ばれるものです。

MLCが低いほど、
メンタルにやさしく生きられます。

会社の規模にもよりますが、
障害者雇用(事務職)においては、
PCスキルや簿記、専門職の実務経験があれば
手取り20万円くらいはもらえることが多いです。

簿記は受験の申込みや支払いなどもありますが、
PCはいつでもトレーニングできますので
非常におすすめです。

「いや、PCもしんどいよ」
という声が聞こえてきそうですが、
入門初級レベルは人に教わりながらであれば
十分達成可能なラインです。

スキルを埋めた分だけ収入が上がると考えれば
ファイトが湧いてトレーニング
できるのではないでしょうか?

ジョブリッジ飯田橋の個人プログラムでは、
求人探しや自習もしながら
お金の勉強をすることもあります。

お金の知識は一生使えますから。

あなたも理想の生活を掲げて
就労のモチベーションを上げませんか?


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. 聞き上手になる

  2. 口グセが

  3. 初夏のウォーキング