03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

トレーニング

障害特性をどう伝える?

JoBridge飯田橋の内田です。
 
 
 
自己説明書=マイ・ガイドブックで気をつけたい事を
お伝えします。一番大切なポイントは
内容を具体的に話すことです。
 
 

❶残業過多がストレッサー の場合
(ストレッサー:ストレスを与える何らかの刺激のこと)
       ⇓
 ポイントは矛盾があるかないか
 
✖ 就業の配慮は特に大丈夫です
  
〇 残業なしの勤務からスタートを希望します。
  その後様子を見ながら、月間10時間までの
  残業時間で就業を希望します。
 
 
 
❷苦手な事の記載についての場合
       ⇓
    具体的に記載

✖ 複数の事を同時に行う事は苦手です 。
 
〇 短い期限で、3つ以上の事を同時に行う事は苦手ですので
  ご配慮をお願いいたします。
 
 
 
❸ 通院についての場合
      ⇓
  具体的に伝える
 
✖ 月2回通院しており、通院時はお休みをいただきたいと思います 。
 
〇 月2回通院しており、1回は平日の午前中、もう1回は土曜に通院
  しておりますので、平日は1日半休をいただきたいと思います。
 
 
 
企業の採用担当者にどこまで詳しく話すべきか悩まれる方が多いですが
上記のように自分のことをより知っていただくことで、企業側の採用
基準であるか、受け入れることができるか判断しやすくなりますので
事前にしっかり準備して面談に挑みたいと思います。
 
 
 
JoBridge飯田橋ではマイ・ガイドブック作成しながら自分をより
深く知り、模擬面接を自分の言葉で話せるレベルまで十分時間を
かけ取組みますのでご安心ください。


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. 聞き上手になる

  2. 口グセが

  3. 初夏のウォーキング