03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

想うこと

大学の発達支援

JoBridge飯田橋の渡部です。
 
 
先日、A大学へ訪問したことだった。
大学内に発達障害の方がいると発覚した際に、
就労支援しかしてくれないのか?と

 

私は何を支援するのかと思った。大学側に聞いてみると、
発達障害の学生は、卒業するのも一苦労で単位を落としやすい。と

 
 
原因としては、授業内容を録音して聞き直す
ことも多くあり、授業内容を理解するのに時間が掛かるそうだ。

 

 
そして、レポートを提出する際にも、事柄をすべて書いてしまい、
上手く要約できないもしくは納期を守れない。
といった授業を受ける上でのサポートが必要となる。

 
 
現にJoBridge飯田橋に通所している大学生も
中間テストがあるから1週間休むとか、
レポート作成したいので1週間休むとかある。
 
 
本人にとって、就職するのも大事だが、“卒業”することが大前提である。
そのため、一般の就労移行支援では行わない「学習支援」を行いたいと思っている。

 
 
それは、学習塾のように勉強を教えるのではない。
授業で指示を受けたものに対して、納期を守る力(見積もり力)、考える力、
まとめる(要約)する力を養っていくのである。
 
 
実際、仕事の上でも、業務指示に対して分からず、
じっと考えて固まるのでは、企業は困ってしまう。
なので、就労移行支援の一環として「学習支援」をやってみようと思っている。





動いた分、新しい自分になる!
就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. ウォーカブル化

  2. ライフハック

  3. スポーツ観戦の夏