03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

想うこと

内臓の冷え

暑い季節に飲むことが増える冷たい飲み物。
しかし、飲み方次第では夏バテになる可能性も!

夏バテと聞くと暑さが原因と思われがちですが
「内臓の冷え」も引き金の一つになるそうです。

冷えた飲み物を摂りすぎると、内臓はどんどん冷えていき
血流が悪化します。すると、胃腸の働きが悪くなり食欲も低下。
その結果、身体は栄養も水分も不足した状態になり
夏バテ状態から抜け出せなくなります。


「何となく調子が悪いな」と感じたら、冷たい飲み物を摂り

すぎていないか、がぶ飲みなどしていないか、飲み方を
見直してみてください。

では、どのように飲み方を変えていけば良いのでしょう?
習慣を変える第一歩として「冷たい飲み物を摂らない時間を
決める」のはいかがでしょう。

例えば、食事時はいかがでしょう。忙しい朝なら温かい
カフェオレやカップスープをいただくだけでも体温を
上げることができます。

ランチタイムも温かい麺類を選んだり汁物をプラス
してみる。お店に入った時は選べるのであれば、
お冷ではなく温かいお茶や氷抜きに。

また、冷たい物を飲む時は、「一気飲み」「がぶ飲み」は、
控えて一口ずつ、一旦口にふくんでから飲み込む。
このひと手間で、胃腸への刺激も和らぎます。

冷たい飲み物はのど越しも良く効率よく体温を下げるのには
よいですが、内臓の冷やしすぎには気を付けたいですね。

夏バテでパフォーマンスを下げないように過ごしていきましょう。


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. ウォーカブル化

  2. ライフハック

  3. スポーツ観戦の夏