03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

トレーニング

紫陽花作業療法

作業療法プログラムとして、折り紙で立体的な
紫陽花を作成しました。

1枚の折り紙を4等分もしくは9等分して、パーツ
を作成し、つなぎ合わせていきます。

ひとつの紫陽花を作るのに、8つのパーツが必要
なため、みなさん黙々と作業を進めていました。


グラデーションカラーの折り紙を使用したので、

とても素敵な紫陽花がたくさんできました。

紫陽花の大きさや色の違いで雰囲気が変わるのも
面白かったです。

大人の折り紙には、手先を動かすことで脳が活性化
されたり、折ることに集中して無心になることで、
ストレス解消の効果などもあるそうです。

憂鬱な雨の日は、折り紙を楽しんでみてはいかがで
しょうか。


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. ウォーカブル化

  2. ライフハック

  3. スポーツ観戦の夏