03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

想うこと

誤解

コミュニケーションの摩擦で多いのは、
自分が思っている以上に
相手が不愉快に感じてしまう瞬間です。

「そんなつもりじゃなかったんだけどなぁ」
と後からモヤモヤすることは
誰しも一度は感じたことがあると思います。

そこで今回は誤解を与えやすい場面について
お伝えしたいと思います。


雇用雇用にかかわらず、
周囲から「調子はどう?」「仕事は慣れた?」
と聞かれることはよくあります。

特性上、字面のみをくみとってしまい、
「特になんともないです」
と答えると話しかけた側はなんだかなぁと
首をかしげてしまいます。

その言葉の意図として、
「大丈夫かなぁ?」とみなさんのことを
心配する気持ちが隠れています。

その意図を理解すると
返答する言葉も少し変わるのではないでしょうか?

ただ、自分ひとりで言葉の意図をつかんでいくのは
難しいですし腑に落ちないと思うので、
対面で色々な人の気持ちを収集していくのがベストです。

これに特化した就労移行支援のプログラムとしては、
SST(ソーシャルスキルトレーニング)です。

多くのお題やシチュエーションが用意されていて、
その場面で感じる気持ちを一人一人アウトプットします。

1対1では疑心暗鬼だった多くの人が感じる思いを
肌で実感し、社会スキルの習得につながっていきます。

ジョブリッジ飯田橋ではSSTを頻繁に実施しています。
スタッフもサポートしながら進めるので安心して
体験に来ていただきたいと思います。


動いた分、新しい自分になる!
就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. ウォーカブル化

  2. ライフハック

  3. スポーツ観戦の夏