03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

想うこと

気配りは疲れる

疲れているなんてことはありませんか?

特に、常に気を配って過ごしている人は、
このような経験があるのではないでしょうか。

周囲に目を配って先回りして行動したり
相手が不快にならないよう気にかけたり

「気配りできる人」は疲れます。

それが普通で難なくできる人にとっては、
気配りを止めることは難しいですよね。


誰にでもできることではないですし、

決して辞める必要もないと私は思います。

ですが、自分が疲れてしまっては本末転倒。
気疲れしないためにはどうしたらよいのでしょう。

気疲れしてしまう人に共通して思うことを
以下に挙げてみます。

①『同じスキルを周りにも求めている』
前述したように、気配りは誰にでもできません。
けれど、できる人にとっては当然のこと。

「なんで○○してくれないんだろう…」
「○○してくれればいいのに…」

こんな考えが頭を巡って
モヤモヤ、イライラしてしまうのです。

②『見返りを求めている』
相手のためを思って行動し、
時には自分を犠牲にしていることもありますよね。

そんな時、相手が平然としていたら…
「お礼の一言くらいないのかな?」
「私はこんなにやったのに!」
なんて思いませんか?

相手からしたら「頼んでもないのに」
と言われてしまうかもしれません。

2点挙げてみましたが、
当てはまると感じた方はいますか?

気配りができることはとても素晴らしいのですが、
もしこのような考えが生まれてしまうのであれば
「必要な気配りなのか」考えなくてはなりません。

気配りしている行動だけでなく、
このような自分の考えにも目を向けてみると
対処できることが見えてくるのではないでしょうか。


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. ウォーカブル化

  2. ライフハック

  3. スポーツ観戦の夏