03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

トレーニング

面接で聞かれるPCスキルって

JoBridge飯田橋の渡部です。
  
 
 
企業面接でよく聞かれる「ビジネスキル」。
特に「PCスキルはどのくらいですか?」
との質問は、とても重要です。

PCスキルと言っても企業が一番知りたがる
のはExcelのレベルです。
では、Excelの何ができればよいのかをお伝えします。


 
 
Excelで求められるスキルを作業内容により
初級・中級・上級の3つに分けると一般的に
事務仕事とは、中級レベルがあることが一つの基準になります。 
 
 
 
「Excelの基本的な操作」としては、
最低限、以下のような作業が求められます。
 
 
 
・簡単な表の作成
・指定されたフォーマットへの入力
・四則演算(+、-、*、/)
・書式の設定
・SUMやAVERAGEといった初歩の関数
・ファイルの印刷
・ファイルの共有
・コメントの挿入
 
 
 
Excelの入門的な操作ですので、
「未経験OK」という仕事でも、
これらはできるようになっておきたいです。
 
 
 
だいたいの職場で事務職として通用するのが
中級レベル。具体的な作業内容は以下の通りです。
 
 
 
・オートフィルの使用
・データの並び替えや抽出
・テーブル機能の使用
・目的に合ったグラフの作成
・図形やテキストボックスの挿入
・IFやVLOOKUPといった関数
 
 
 
一般的な事務仕事で要求される場面は
少数ですが、上級スキルを身に付けていると
Excelのエキスパートとして重宝されます。
 
 
 
・関数の組み合わせ
・ピボットテーブルによる分析
・アドオンの活用
・マクロを使った自動化
・VBA
 
 
 
特に大学生が、間違えてしまうのは、
sine、cosine、2次方程式は、事務職では
使用しないのでビジネススキルにはなりません。
 
 
 
これらを気を付けながら、ビジネススキルを
習得してもらいたいです。


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. 聞き上手になる

  2. 口グセが

  3. 初夏のウォーキング