03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

イベント

2023年・就活スタート

JoBridge飯田橋の渡部です。
 
 
いよいよ2023年もスタートし、
年頭1月からハローワーク求人は動き出した。
 
 
1月31日には、東京国際フォーラムで
「障害者マッチィング応援フェスタ」が
開催される。


ここ数年、コロナの影響で大きなイベントはなかった。

それが今回、ハローワークの合同面接会が180社、
東京しごと財団の職場体験実習35社と盛大に行われる。 
 
 
これは、一般に障害者雇用を考えている方々にも
ありがたいことである。
 
 
中でも、大学4年生で未だ内定を頂いていない方には
卒業までに内定を決めるにはラストチャンスになる。
 
 
ここで、私は、特に大学4年生に
合同面接会の留意したいことを伝えたい。
それは、むやみやたらに「面接会」に行かないことである。
 
 
それは、先ほども言ったようにコロナ禍で
久々の開催になったこのイベントであることから
当日の入場員数も半端ではないと思う。



 
 
大体、採用人数は1名がほとんどの企業で
面接会の時間帯は、13:30~16:30の3時間。
1つのブースで面接できる人数は最大6名。
 
 
倍率は6倍それも社会で仕事経験者が優位で
あることである。
 
 
確かに大学生には、若さがある。
それは、伸びしろがあると言う事である。
 
 
しかし、企業は一般の新卒者だけでも
教育に力を入れる時間を大いに割かれており
障害者雇用では教育をしたがらない。
 
 
そのため、新卒の大学4年生には、ハードルが高い。
そこで、私は、敢えて同時刻に行われる
「職場体験実習面談会」に行ったほうが良いと思う。
 
 
多少、採用プロセスには時間が掛かるが
4月入社には、間に合う。
 
 
何より“自分”というものを知ってもらえる。
就職したからには、長く働いてもらいたい。
そのためにはマッチィングが大事である。
 
 
とにかく1月31日は、最大の就活日になるだろう。

 


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. 聞き上手になる

  2. 口グセが

  3. 初夏のウォーキング