03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

想うこと

調子によってプランを使い分ける

こんにちは。
JoBridge飯田橋の佐藤です。
 
 
「今日も充実した1日だった」
「夢に向かって1歩前進した」

そう思いながら眠りにつけたら幸せですよね。
 
 
うつ病では体調のムラが激しくなるので
体が動かない日は充実感を得られない方が多いです。

 
 
僕は白黒思考についてよく言及していますが、
そういう方は体調に応じていくつかのプランを
用意すると今の自分を認めることができます。

 
 
自己肯定の前段階の自己受容から意識づけるということですね。
調子が良い、まずまず、悪いの三段階がシンプルでオススメです。
勉強や人との積極的なコミュニケーションは
体力を消耗するので調子がいいときに取り組むとバリバリはかどります

 

 
ちなみに相談やガス抜きは例外です。
つらい気持ちはどんどん吐き出していきましょう。
逆に調子の悪い日に無理に勉強したりするとネガティブループに入ってしまいます。
しんどい家事は翌日に回すくらいの気持ちで過ごしましょう。

 
 
365日を同じ同じ充実プランをこなすのは不可能です。
自分が調子が悪いなりに充実したと感じる瞬間はどんなときでしょうか?
ちなみにこのプランを複数持つ作戦は僕も毎日意識していますが

初日から効果を実感しました。
 
 
活動量は調子が良いときよりも少ないが「あらかじめ決めたことをやれた!」
が自信につながっていきますので一度プランを練ってみてください♪

 
 
 


動いた分、新しい自分になる!
就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. ウォーカブル化

  2. ライフハック

  3. スポーツ観戦の夏