03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

話したいこと

夏越の祓

今年も残すところあと半年になりました。

1年の折り返しにあたる6月30日には、
半年の厄を払い、残り半年の息災を祈願する
「夏越の祓(なごしのはらえ)」という行事を
各地の神社で執り行われていました。

あっという間に半年が過ぎ、
振り返ることなく進んできた方も
多くいるのではないでしょうか。

6月30日は「六月晦日」とも言われ、
第2の大晦日なのだそう。

年末の大掃除ほど大規模でなくても、
これからの夏に向けて水回りの掃除や
不要なものを処分するなどして
心機一転するのに良い機会です。


また、夏越の祓には「水無月」という

和菓子を食べる風習もあります。

白いういろうの上に小豆を乗せ、
三角形に切り分けた和菓子です。
三角の形は暑気を払う氷を模しており、
小豆は邪気払いの意味がこめられています。

現代では、技術が発展し
暑さを乗り切る方法はいくらでもあります。

しかし、このような伝統行事は
先祖が残してくれた貴重な知恵です。

また、こういった行事も意識してみると
日本の歴史を知ることができて面白いです。
ぜひ、この機に意識してみてください。


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. ウォーカブル化

  2. ライフハック

  3. スポーツ観戦の夏