03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

想うこと

水無月を乗りきる

目にもすがすがしい新緑の季節は過ぎ、今年も
梅雨の季節到来!

湿気で体調を崩しがちなこの季節ですが、上手く汗をかけば
体も心もスッキリ、色鮮やかなアジサイを楽しむ余裕も
でてくることでしょう。


6月は和風月名で水無月。梅雨なのに水が無い?

「無」は「無い」ではなく「の」の意味です。
つまり雨が多く、湿気が多くなる月を指しています。

この時期は湿気の変化に体が対応できず病気に
なりやすい季節でもあります。

手足のだるさ、関節が痛い、腰痛がひどくなると感じたことは
ありませんか?
お腹にガスが溜まりやすかったり便秘になったり。

さらに、まるで体が湿気で覆われるような感じは心にも
影響して、うつっぽくなる人も少なくありません。
湿気は、心身に影響を及ぼすなかなかの厄介者です。

水分の取り過ぎや、水分の代謝が悪いと湿気が体内に
溜まり体の各部に様々な症状を引き起こします。
汗をかくなどして水分を外に出す体の湿気対策が重要です。

梅雨を制するものは夏を制する。
この時期の湿気対策が猛暑に負けない体を作ります。


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. ウォーカブル化

  2. ライフハック

  3. スポーツ観戦の夏