03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

話したいこと

自己分析の必要性 ❹

今回は、自己分析の目的・必要性を理解しないリスク
について述べたいと思います。
 
 
 
ある「自己分析を全くしなかった」人の話をしたいと思います。
 
 
 
彼は就活生の時に「自己分析なんて面倒くさいからしないで就活する」
と度々言っていました。
 
 
 
それに対して私は「自己分析しないと企業選びができないし、
面接官にうまく自分のことを伝えられないよ」と伝えていた。
 
 
 
でも「いやいや、自分のことは自分が一番よく知っているし」の一点張り。
結果、彼は今26歳。転職回数は3回。今も転職を考えているそうです。
 
 

 
要するに、自分はどんな企業で働きたいのか、
どんな将来を送りたいのかを押さえていないんです。
 
 
 
会う度に言うのは「現状がなんかしっくりこない」という言葉です。
まさに自己分析の重要性がここにある。
 
 
 
自己分析によって自分の価値観を理解し、
そこから逆算して企業選びの軸を作成する。
 
 
 
その企業選びの軸に当てはまる企業を探し、
その企業からの内定を獲得するために、自分をうまく営業する。
 
 
 
そして入社を決め、
結果「この企業に入社してよかった」と思い、
毎日成績を残すために尽力する。
 
 
 
それによって評価され、働きやすさ、働きがいが増して、
「今自分は幸せだ」と実感する。
そもそもこのような流れを作るために就活をするんですよね。
 
 
 
まさに自己分析は自分の幸せの方角を決める
方位磁針のような役目をしています。

 
 
 
動いた分、新しい自分になる!
就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. 聞き上手になる

  2. 口グセが

  3. 初夏のウォーキング