03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

話したいこと

香りは心のくすり

日々ストレスにさらされる現代において心身のバランスの崩れは
様々な症状の原因とされます。
今回は植物の香り成分「精油」のリラックス効果を
紹介したいと思います。

大脳の仕組みは自律神経に大きく関わっていて、
嗅覚は交感神経と副交感神経のバランスを取る
大脳の司令塔のような視床下部に働きかけます。

精油の良い香りが深く呼吸することに繋がり、自律神経を
整えるのに役立つというわけです。


私がおすすめするのは、

「レモン」「ラベンダー」「ペパーミント」。

レモンはレモンの皮に含まれる「リモネン」によって
リフレッシュ作用があり交感神経を刺激して
やる気や集中力を高める効果が期待できます。

ラベンダーに含まれる「酢酸リナリル」はリラックス効果が
Point!
副交感神経が優位になるので気持ちが落ち着き、寝る前に
嗅ぐと良質な睡眠へ誘ってくれるでしょう。

ペパーミントの「メントール成分」にはリフレッシュ、
眠気覚ましの効果と同時に緊張を和らげる作用もあります。
この二面性は自律神経が乱れて不安定になりがちな時に
おすすめです。

精油には種類によっては「禁忌事項」があるので取り扱いには
注意が必要なものもあります。

注意点に気をつけながら、スプレーや入浴剤として販売されて
いるものから日常生活に取り入れてみてはいかがでしょう。


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. 聞き上手になる

  2. 口グセが

  3. 初夏のウォーキング