話したいこと

エンパワメントスクール

エンパワメントスクールとは、
生徒の力を引き出す学校という意味合いで、
大阪府が府立高校に対して行っている取り組みです。
 
 
 
簡単に言うと、小学校から中学校までのつまずいたところを
徹底的に学び直しをする総合学科の単位制普通高校です。
基礎学力から、社会に出るための人間力を身につけることを目的としています。
 

 
高校中退率が全国ワースト1位であった大阪府が、
府立高校に対して2015年度より行っている取組みで、現在、8校あります。
 
 
 
「エンパワメントスクール」では基本的に、
集中力が続くよう、授業は1時限30分、英国数の主要3教科は
15人程度の習熟度別授業、その他タブレットや電子黒板を
活用した映像授業を取り入れ、効率的に学習ができる体制を整えています。
 
 
 
その他、グループ学習や参加型体験学習で、
忍耐⼒や互いを思いやる気持ちなど⼈間関係⼒を育成しています。
 
 
 
最終的には、卒業までに社会⼈として必要な
「基礎学⼒」「考える⼒」「⽣き抜く⼒」を
すべての⽣徒に⾝につけさせることを目標としています。
 
 
 
大阪府が「高校生の学び直し」に力を入れる理由には、
高校生の中退率が全国ワースト1位という背景がありました。
 
 
 
「授業内容を理解する前に、どんどん進んでしまうのでついて行けない」
「先生が一方的にしゃべるばかりで、⿊板写すだけの授業は楽しくない」
「学校へ⾏く意味がわからない」
 
 
 
このような高校生の不満を解消し、
勉強のつまづきをきっかけに高校を中退してしまう、
といった流れを断ち切り、
中退者や不登校生徒を減らすことを目的としています。
 
 
 
大阪府は以前にも、
二部制、三部制の単位制高校「クリエイティブスクール」を開校し、
生徒の多様なニーズに応える取組みを行ってきましたが、
現在は「エンパワメントスクール」に移行する流れを進めています。


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事