03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

話したいこと

季節の変わり目

10月も下旬に差し掛かり
秋が本格的に始まりましたね。

日中はポカポカと暖かいのですが
朝晩はひんやりとした寒さが感じられます。

特に今年は梅雨明け前から
夏本番の暑さが続いていたこともあり
寒暖差で体調不良になる人が多いと思われます。

そこで当たり前だけど意外と忘れがちな
季節の変わり目にやることを確認しましょう。


1.衣類の調整

朝晩は15度前後と冷え込むので
常に羽織るものを持ち歩くようにしましょう。

日中は暑いという人は
カーディガンなどの薄手のものを
用意しておくことをおすすめします。

移動中邪魔にならないように
持ち運びが可能なナイロンジャケットも
ユニクロやGUなどで安価に入手できます。

日によっては季節らしくない
気候になることもあるので
毎日翌日の天気を確認しましょう。

2.気持ち多めの睡眠
2~3時間までいかなくても大丈夫なので
いつもより30~1時間程度多く寝ましょう。

もともと秋から冬にかけては日照時間に伴って
人間の睡眠時間は減っていきますので
春夏よりも多くの睡眠を体が求めています。

人によって若干異なりますが
7時間以上は寝たいところです。

また、ある研究では平均睡眠時間が7時間未満の成人は
8時間以上の成人に比べて約3倍風邪をひきやすい
ということもわかっています。

コロナもインフルエンザも自然免疫で
対応するのが基本です。

3.無理をしない
誰にでも体調不良になりやすい時期があります。

それが春先か夏本番か晩秋かはわかりませんが
その時期に無理をすると余計に具合が悪くなる
恐れがあるので気をつけましょう。

これは調子が悪いのを受け入れる
というのかもしれません。

時期ごとに繁忙の波はあると思いますが
少しマクロな視点をもって年間リズムを
意識すると気持ちが楽になるようです。

上記3つは今日から取り組める内容なので
体調安定させる行動を起こしてみてください。

自己管理能力が身につくことで
自分の自信になっていきますよ。


動いた分、新しい自分になる!
就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所

関連記事

最近の記事

  1. 自律神経を整えるカンタン ツボ押し❷

  2. プロフィールカード

  3. 自己分析って必要?❷