03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

話したいこと

都合のいい働き方

「自分の都合のいい時間に働きたいから」などの理由で、
非正規雇用で働くことを選ぶ若者が増えているという。
 
 
 
そういった理由であえて不安定な非正規雇用を選ぶことに
メリットはどれだけあるのだろうか。
 

 
総務省が行なった「労働力調査 2023年(令和5年)」
によると、25歳から34歳の世代で、
 
 
 
「自分の都合のいい時間に働きたいから」という理由で
非正規雇用の職に就いた人数が73万人となっており、
10年前の2013年と比べて14万人増加したことがわかった。
 
 
 
安定性があり、賞与や福利厚生などメリットの多い
正規雇用ではなく、なぜ若者たちはあえて非正規雇用を選ぶのか?
 
 
 
労働・福祉政策について研究・提言する
NPO法人「POSSE」代表・今野晴貴氏の話によると
 
 
 
「近年は人手不足を理由に若者を定着させようと、
残業がなく休暇も取りやすく、と労働環境を改善している
“まともな企業”も増えています。
 
 
 
しかし、依然として“ブラック企業”といわれるような
過酷な労働を強いられる会社で正社員として働くケースも多く、
社会問題となっています。
 
 
 

高学歴や縁故といったチャンスに恵まれた若者は
労働環境が改善された、まともな企業の正社員となる
ケースが多いのです。
 
 
 
しかし、それ以外の若者たちは辛い環境のブラック企業の正社員ではなく、
パートやアルバイトなどの非正規の職に流れていく傾向があります」と
 
 
 
これは、背景に、若者の「働くこと」に対する
意識の変化もあるという。
 
 
 
現在の若者たちの根底には、
『真面目にあくせく辛い思いをして働くことがバカバカしい』
という価値観が強まっているようだ。
 
 
 
現在では若くして投機的ビジネスによって
一攫千金を成し遂げる実業家がいたり、
 
 
 
著名なYouTuberが広告収入などで短期間に
何千万円という額を稼いだり、
 
 
 
一般的な勤労とは次元の違う働き方で大金を得て
成功している人たちがいるからだ。
 
 
 
SNSの発達によってそうした人々がより顕著に
可視化された影響で、勤労に依拠しないで稼ぎたいという
価値観が若者に根付いたのだと思う。
 
 
 
若者にとってこうした価値観は、
労働条件の悪いブラックな環境では働かない、
よい意思決定の面もあるが、
 
 
 
働くことよりも楽して稼ぎたいという
安易な考えが先行してしまっているという悪い面もある。
 
 
 
その悪い方向の延長線上に、
お金ほしさに犯罪行為にまで手を染めてしまう、
闇バイトの横行という社会問題があるとも考えられる。
 
 
 
多種多様な働き方は、私は賛成であるが、
何かが違う気がしている。
楽をして生きることは、そんなに簡単ではないと思う。


動いた分、新しい自分になる!
就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. 自律神経を整えるカンタン ツボ押し❷

  2. プロフィールカード

  3. 自己分析って必要?❷