03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

話したいこと

UVカットに注意 ❷

前回、紫外線を浴びることの
重要性について紹介しました。

幸せホルモンの分泌の促進や、
ビタミンDによる骨や免疫力の強化など
様々な利点がありました。

それとは反対に
紫外線を浴びすぎることで日焼けしたり、
皮膚がんの原因にもなってしまいます。


そこで今回は、

「有益な紫外線の浴び方」を紹介いたします。

①日光照射時間は15~30分
紫外線の量は、季節や気候によって異なりますが
週3回に15~30分が適切です。

②午前中がオススメ
日差しが穏やかなのは、朝~午前中の時間帯です。
朝に日差しを浴びると体内時計が整います。

朝起きた際にカーテンを開けるだけでも
非常に効果的です。

③手のひらで浴びてもOK
それでも日焼けが気になるという方は
手のひらを上に向けて日光浴しても効果があります。

手のひらであれば、他の部位より
日焼けのリスクを軽減することができます。

以上3点を意識してみてください。

雨や曇りの日でも、室内より照度が高いです。
外の光を浴びることが重要です。

散歩など適度な運動をしながらだと
さらに効果的です!

冬でも日光を浴びて、
気分の落ち込みを防ぎましょう。



動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. 聞き上手になる

  2. 口グセが

  3. 初夏のウォーキング