03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

訪問

助けを求める

先日実習前に打ち合わせの 同行をしました。

実習で不安なことや配慮事項を
洗い出し、最後に重要なことを
ご教示いただきました。

それは、頑張りすぎて燃え尽きる前に
周囲に助けを求めるよう発信してください
とのことでした。


たしかに疲れ果てて何もできなくなると
せっかくの実習も無駄になってしまいますし、
聞いていてとても重要だなと感じました。

やりきりたい気持ちがあってこその過集中ですし
気持ちとしてはとてもわかります。

この自分の力量を他人に開示するのは
自己受容としてとても重要です。

連携プレーでは必要なことですが、
プライドもありますよね。

そこで、職場実習のねらいを
常に頭に入れておいてほしいと思います。

就労経験が少ない方であれば少なくとも
数日で高い成果を出すことではないかと思います。
(出すに越したことはありませんが)

僕も最近ねらいや目標を
最低1日一回は目に見えるよう
手帳などに張り付けています。

これは自分の目標やねらいが実現できるコツです。
実習に限らず応用できます。

手帳に目標を書いている人はそれを
実現できる面白い実験を本で見かけました。
夢がありますね。笑

話を戻して、
メリハリをつけて働くのが苦手な人は
自分の疲れのサインを日頃観察しておき
企業へ伝えられるようにするのが良いでしょう。

きっと自分がパフォーマンスが上がる
きっかけになりますよ。


動いた分、新しい自分になる!
就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. 聞き上手になる

  2. 口グセが

  3. 初夏のウォーキング