トレーニング

メンタルケア

ジョブリッジ飯田橋では
WRAP(ラップ:元気回復行動計画)という
メンタルケアプログラムを
5回にわたって実施しています。

5回!?と最初は拍子抜けしますよね。

自分の体調を観察して
対処法を考えるWRAPの世界では
5回分の掘り下げはあくまで
きっかけに過ぎません。

そして多くは自分の体調に関して
ふり返りをする内容になりますが、
その中でも意外と難しい問いが
“調子が良いときの自分ってどんな状態”?


どこか一瞬の調子を切り取るのではなく

数日分の点を集めるイメージで
自分の体調の波を観察してみてください。
少しずつ見えてくるはずです。

僕のあげた調子のいいときは、
・頭の回転が速く感じるとき
・足取りが軽い
・やりたいことにどんどん着手している
・好きな曲を聴いている
etc…

体調を意識的に観察してから
だいたい半年くらいで
自分の調子の良い状態がかなり
わかるようになりました。

ちなみにWRAPをやるときは利用者の発言を
どんどんホワイトボードに書いていき
積極的に意見交換をしています。

確信はないけど当てはまりそうだから
ちょっと意識して観察してみようと
メモをされてる方がいて嬉しいです。

確信あることも大切ですが
より自分を知ろうとする
前向きな姿勢がみなさん感じられます。

自分の調子のよい状態を把握し
指標とすることで
体調変化に気づきやすくなります。

この指標をもとに元気な自分を
追求する旅が始まるのです。


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所

関連記事