03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

想うこと

朝散歩

朝散歩を2年以上続けています。

平日は通勤で歩いているだけなので
散歩という考え方ではありませんが
歩いていてとても気持ちがよいです。

朝日を浴びることでセロトニンとよばれる
脳内物質が分泌されます。

セロトニンの分泌が活性化されると
気分が安定し15~16時間後に眠気が来ることから
精神的に大きな価値をもたらします。

このことから多くの精神科医が朝散歩を進めています。
ただ朝散歩もいくつかのコツがあるので
今回はそれらを紹介します。

①時間
起きてから1時間以内、10時までに行うとよいでしょう。

体内時計のリセットという観点から言うと
起きてから数時間たったあとに朝散歩しても
夜の眠気の恩恵が受けられないからです。

疲れると逆効果なので20~30分で十分です。
1時間くらいやる方もよくいますが
継続の壁になるのでベイビーステップで行きましょう。

最初は15分。
無理なら日向ぼっこ3分から。

②朝ごはんを食べた後に
セロトニンを活性化する条件に咀嚼があります。

なので起きたらご飯を食べてから
朝散歩をするようにしましょう。

先日バラエティ番組の企画でも
朝ごはんを食べている人は「年収◯万以上」
みたいな検証も行われていました。

③リズムよく行う
リズム運動はセロトニン活性化につながります。

音楽を聞きながらでもいいですが
できれば歩行のリズムを意識して行うと
もっと効果があります。
(気持ちだけ早歩きくらい)

最後に大切なのは
これらを白黒でとらえずにニュートラルに
朝散歩を継続していくこと。

1日サボってしまっても
朝ごはんを抜いてしまっても
5分しかできなくても
それ相応の点数の効果は得られます。

ふりだしに戻るわけではありませんので
できる範囲でどんどん続けてみてください。

きっと快適な睡眠や日中を穏やかな気持ちで
送ることができるようになりますよ♪


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. ウォーカブル化

  2. ライフハック

  3. スポーツ観戦の夏