03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

トレーニング

プラス自己紹介書


ナビゲーションブック、それはプラス自己紹介書。

JoBridge飯田橋では履歴書、職務経歴書を書く前に
必ず利用者の皆様に書いてもらう書類の一つです。

 
これは自分の病状をしっかり理解していないとかけない
書類です。
 
 
 
そのため、JoBridge飯田橋では、導入期、訓練期で
自分を見つめなおし表現するプログラム、自己理解を
深めるプログラムを行ってから作成に入ります。

 
 
本題の書類にいきなり書くことは大変難しいことなので、
ますは業務面、対人面、思考面の自分の得意・不得意なこと
を自由に書きなぐってもらいます。
 
 
 
そうすると下書きの時点で、その人が、精神疾患なのか
発達障害なのかが分かってきます。
 
 
 
精神疾患の方は、得意なことが思い浮かばずに、不得意な
事が数多く羅列される傾向にあります。
いわゆる、ネガティブ思考型です。
 
 
 
発達障害の方は、得意なこと、不得意なことがたくさん
出てきて、いろんな表現で細かく幅広く書かれる傾向に
あります。これは、思考が整理つかないタイプ。
 
 
 
いずれにしても、そこから書類をまとめていくのは、
独りでは限界を生じてしまいます。なので、懇談をして精査して
自分にとっての最適な自分の取扱説明書を作り上げていきます。
 
 
 
口頭では、上手く相手に伝えることが出来なくても書面で
上司や支援員に伝えることにより業務やコミュニケーションが
一段とスムーズになり、自分のストレスもなくなるのです。
 
 
 
また、ナビゲーションブックを作成することにより
履歴書、プロフィールカード等の自己PRも
容易に書けるようになります。
 
 
 
企業は、自分自身の事を良く理解している人を
採用したと思っています。だから、自分を伝えるための
ツールを利用するのは就職への必要条件と私は思います。

 


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. 聞き上手になる

  2. 口グセが

  3. 初夏のウォーキング