03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

トレーニング

心の栄養 “ストローク”

こんにちは。
JoBridge飯田橋の上原です。
 
 
 
体を健康に保つためには、十分な睡眠や食事が必要ですよね。
それと同じように、心も、健康であるためには十分な栄養が必要です。
その栄養のことを”ストローク”といいます。


 

 
朝、「おはよう」と声をかけたら、
「〇〇さん、おはよう!」と返ってくる。
こんな日常のやり取りでもストロークが満たされます。
 
 
 
相手の存在や価値を認めるような様々な刺激が
私たちの心を満たし、健康な状態に保ってくれます。
人は、「自分の存在を認められない状態」には
耐えられないとすらいわれています。
 
 
 
抱きしめる、なでる、背中をさする、握手する、
マッサージをする、挨拶する、目線が合う、
感謝する、褒める、笑顔で見つめあう、
話を遮らずに最後まで聴く、などは、とても栄養価の高いストロークです。
 
「〇〇さんに会いたい」「生まれてきてくれてありがとう」
「〇〇さんがいると楽しい」などの言葉もプラスに働きます。
 
 
 
逆に、たたく、押す、注意する、叱るなどは、ストロークは満たされるけれど
悪い栄養として蓄積されてしまいます。
 
 
 
人に接する機会が少なかったり、自分の存在が無視され続けたり、
ストロークが空っぽの状態が続くと、
悪い栄養とわかっていても、ケンカを仕掛けたり、
わざと悪いことをするなどしてストロークを満たそうとしてしまいます。
 
 
 
栄養価の高いストロークを得るために、重要なポイントが5つあります。
① 自分が満たされてるときには、惜しみなく与えよう
② 欲しいときには、素直に要求しよう 例)髪切ったんだけど、似合う?
③ 与えられたら、謙遜せずに「ありがとう」と受け取る
④ 欲しくないときには、「そうなんですね」とスルー or 拒否
⑤ 不足したら、自給自足
 
 
 
お互いに心が幸せになるストロークは与える、そして受け取る。
また欲しくないストロークは与えない、受け取らない。
これが健康な心を保つためにとても大切です◎
ぜひ参考にしてみて下さい。


動いた分、新しい自分になる!

就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. 聞き上手になる

  2. 口グセが

  3. 初夏のウォーキング