03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

訪問

新卒障害者雇用求人って

JoBridge飯田橋の渡部です。

11月になり、新卒生は、内定が決まらず、
焦りの色をあらわにしてきた。
それは、新卒用のハローワーク求人が少ないことにも起因している。

先日、障害者新卒応援ハローワークの方と話をしたとき、
年間で障害者新卒採用の求人数は約40~50社だそうだ。
それはコロナの影響は関係ないようである。

 

 
 
年間50件しか求人票がないというのは、とても少ない。
通常の障害者雇用の求人票(中途採用)は年間、何千件ある。
いかに企業が障害者の新卒採用をしないかがわかる。

  
 
それはなぜか?
企業は、障害者雇用に対して、あまり学歴を気にしない。
むしろ、スキルおよび経験値を重視するからである。
そう、即戦力を求めているからである。

 
 
中途採用の一般的な障害者求人に応募したいばあい、
1月からの求人票ならば、エントリーできる。
これは、ハローワークから企業に払われる助成金制度の問題である。
 
 
悲しいかな、企業もSDG’sは考えて社会的貢献をアピールする
しかし、上記で述べたように、即戦力を求める。
経営的には、仕方のないことだが、本来の社会貢献とは
程遠いと私は思う

 
 
自己理解できていない、ビジネスマナーも知らない
学生を社会人にする気はないのか?
一般学生と障害学生との違いをむしろ企業に問い正したい。
 
 
もし、「面倒くさい。」とのニュアンスを企業がかもし出して来たら
それはとても社会問題に発展すると私は感じている。


 

動いた分、新しい自分になる!
就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. 聞き上手になる

  2. 口グセが

  3. 初夏のウォーキング