03-3868-2680
お問合せ
見学・体験お申し込み
アクセス

トレーニング

 精神作業療法の効果

JoBridge飯田橋の内田です。


以前にもご紹介していますが、JoBridgeでは精神作業療法を行っています。作業療法には様々な効果が期待できますが、JoBridgeで重視しているのは次の3点です。
 

①普段とは違う脳の回路を使う
日常的に行っている家事やルーティン作業、同じような考え方を繰り返していては、脳の特定に回路しか活性化されません。でも、普段やりなれないことをすると、違う回路が刺激され、脳全体が活性化すると言います。むろん、認知症予防などにも効果的ですが、考え方の偏りを修正するのにも有効なようです。



②不安やマイナスの考えから距離をとる
将来へ不安、過去への後悔に苛まれていれば、当然暗い気持ちになります。しかし、作業療法などで目の前の手作業に没頭していると、一時的にそういう気持ちから離れることができるので、心がリセットできます。


③新しい特技や趣味をみつける
作業療法のプログラムで行ったことを家でもやってみて、いつの間にかハマってしまったという利用者さんが多くいます。一からチャレンジするのは億劫でも、プログラムで一度手順を覚えれば、自宅でも気軽に始められます。




作業療法は、通所を開始から間もない新人利用者さんを中心に実施していますが、時には就活に疲れたり、一時的に落ち込んだ先輩利用者さんにも提供し、功を奏しています。そのため、多様な作業を提供できるよう、スタッフ日々リサーチして研究しています。作業療法のプログラムとして提供するためには、先にスタッフが試作してみて、作業の難易度や所要時間を検証する必要があります。


ところが、これがなかなか大変で、2時間かけて試作してみたものの、必要以上に難しかった、時間内に完成できないなどの理由で、プログラムでは使えないと判断することもあります。また、原材料費もあまりかけられないので、いつも100円ショップを物色しては、試作を繰り返しています。


100円ショップで買った色画用紙、折り紙、などを使ってモビールを試作しました。紙を切ったり、色柄を選んで組み合わせるのはとても楽しく適度な刺激なのですが、糊付けが難しくて時間がかかってしまいました。

ㅤ 
これでは利用者さんが疲れ切ってしまいそうです。また、100円ショップの色画用紙は薄すぎて、糊付けすると少しフニャフニャしてしまいます。


そんな訳で、この労力を無にしたくないので、記事にしてしまいました。こうして試作を楽しみながらも苦労を重ねプログラムに取り組んでおります。






動いた分、新しい自分になる!
就労移行支援事業所 JoBridge飯田橋
~うつ病・発達障害など専門の就労移行支援~
~自分らしい生き方、働き方を見つける場所~

関連記事

最近の記事

  1. 聞き上手になる

  2. 口グセが

  3. 初夏のウォーキング